包茎とは

包茎手術

管理人が手術したABCクリニック

包茎クリニック体験談

包茎手術ランキング

体験してわかったこと。

治療にあたって

包茎について

都道府県別・地域紹介

その他・包茎クリニック口コミ

増大サプリで包茎治療

管理人プロフィール

つるりん

漫画でわかる!包茎治療。

ホーム>包茎とは 

包茎とは

包茎について解説

包茎とは、包皮が亀頭をおおったままの状態のことをいいます。

一般的に、子供の亀頭は包皮をかぶっていますが、思春期になり大人になるにつれ、包皮がむけはじめ、亀頭が露出していきます。

しかし、大人になっても、子供のように亀頭が露出しない人がいます。
これを包茎と呼びます。

悪いのかな

包皮がどの程度、亀頭をおおっているかなどの症状によって「仮性包茎」「真性包茎」「カントン包茎」「埋没包茎」と呼び方が変わります。

日本人の半数程度は仮性であると言われる説がありますが、温泉や大浴場にいくと、たいていの男性は亀頭が露出しています。
どこまで信頼できる情報なのか定かではありません。

包茎は、病気ではないと言う人もいますが、現実的には悪臭などのトラブルや、性病、陰茎ガンなどが起こりやすくなります。

自分の健康状態をしっかりと認識して、治療したほうがいいと思います。

 

仮性包茎なら大丈夫?

平常時は亀頭に皮がおおっていますが、手で皮をむくことで、亀頭を露出できるタイプを仮性と言います。

そして、仮性は、さらに2つにタイプが分かれます。

チェック勃起時にほとんど亀頭が自然に露出する仮性
チェック勃起時でもほとんど皮が覆った状態の仮性

仮性包茎は、病院にいっても、治療の必要なしと診断される場合もあります。
そして、保険を適用して治療を受けることはできません。

イラスト

しかし、仮性包茎の男性は早漏になりやすく、不衛生にしていれば、露出している人よりも、感染症や性疾患に対するリスクが高まります。

仮性でもコンプレックスを抱えている男性は、包茎手術を受けています。

 

真性包茎は、今すぐ医療機関に相談してください。

包皮が完全に亀頭をおおい、勃起時も亀頭が出てこない状態は真性になります。

亀頭の成長がスムーズにいかないため、先細りのペニスになりがちです。
勃起時に痛みが走るときもあり、パートナーとの関係性にも問題が起こりがちです。

また、正しい治療を受けずに結婚した場合には、不妊のリスクもあります。
そして、亀頭包皮炎や陰茎ガンのリスクが高まります。

真性

今すぐ手術の必要があると言えるのが真性包茎です。
泌尿器科なら健康保険が適用されます。

 

カントン包茎とは

包皮がせまい

無理して包皮をむいた結果、亀頭の根元を締めつけてしまう状態をカントンと言います。

そのままにしておくと包皮が戻らなくなり、亀頭が腫れてしまったり、勃起するとゴム輪で締めつけたように亀頭が圧迫されて痛みがでます。
そして、SEXが困難となり、ペニスの壊疽を起こすといった、最悪の状態になる可能性もあります。

カントン

一般的には、真性の男性だけがコンプレックスを抱えているイメージをもつ人がいると思いますが、実は、カントンもまぐれもない包茎であり、より深刻で最も危険と考えられます。

自覚症状のある方は、今すぐ、専門医の診察をされたほうがいいのは間違いないでしょう。

 

埋没包茎とは

脂肪

極端にペニスが短小であったり、太っていてペニスが身体に埋もれている状態を埋没包茎と言います。

肥満に問題がある場合は、ダイエットで解決する場合もありますが、真性包茎を合併している人は、包皮を切除する治療が必要になります。

また、肥満や加齢が原因ではなく、こどもの時から埋没している場合は、先天性の病気として、親御さんが早い段階で治療してあげる必要があります。

→ 治し方

戻る