糖尿病 包茎手術

包茎手術

管理人が手術したABCクリニック

包茎クリニック体験談

包茎手術ランキング

体験してわかったこと。

治療にあたって

包茎について

都道府県別・地域紹介

その他・包茎クリニック口コミ

増大サプリで包茎治療

管理人プロフィール

つるりん

漫画でわかる!包茎治療。

ホーム>糖尿病について

「糖尿病だと包茎手術はできないの?

包茎手術には、色々な都市伝説があります。

そのひとつが、糖尿病患者は治療ができないというものです。

しかし、私が、泌尿器科で聞いてきたところ、糖尿病でも問題なく治療できるというものでした。

血が止まらなくなることもないですし、大きな問題もありません。

では、なぜ、このような噂がたったのでしょうか?

その理由も糖尿病の患者ならではでした。
糖尿病になると、組織の修復に時間がかかるので、傷口の回復に時間がかかります。
また同じ理由で、糖尿病のない人に比べて、傷口がきれいにつかない可能性もあります。
普通の人以上に、術後のケアに気を配る必要があるため、包茎手術はできないといった都市伝説が生まれているように思います。

糖尿病だから治療ができないとあきらめている人がいたら、それはただの誤解です。
安心して専門のクリニックに相談にいってください。

逆に、糖尿病の人は、包茎手術をした方がいい理由もあります。

糖尿病の人は組織の末端の血流が悪くなったり、神経が鈍りやすいので、ただの包茎よりもさらに、亀頭を被っている包皮が炎症を起こしやすくなります。

糖尿病性包皮炎といい、炎症を起こした包皮は膿を持ったり硬くなったり、トラブルを起こしやすくなります。
それに対し、手術で先端の包皮を切ってあげることで、包皮のトラブルをなくすことができます。

このように糖尿病の人が手術をするメリットは、通常の人よりも、よりメリットが大きくなります。

ただし、通常の場合と同様に、十分に医師の説明を聞いてから手術を決断しなければいけません。
クリニックによって、費用や切る方法は違いますので、評判のいいところを選ぶようにしてください。

また糖尿病に限らず、術前後のケアに病気や内服中の薬の情報は重要になります。
もし、すでに服用している薬があれば、クリニック受診の際には必ずお薬手帳を持参しましょう。
そして、かかっている病気に関しては正確に医師に伝えるようにしてください。

下半身の問題を、人に話すのは恥ずかしいと思う方もいるはずですが、クリニックの先生やカウンセラーは、全員男性で、仕事として取り組んでいますので、親切な対応をしてくれます。

包茎は先延ばしにしても解決しない問題ですので、早めにプロの診断を受けるように心がけましょう。

戻る