包茎矯正グッズ

包茎手術

管理人が手術したABCクリニック

包茎クリニック体験談

包茎手術ランキング

体験してわかったこと。

治療にあたって

包茎について

都道府県別・地域紹介

その他・包茎クリニック口コミ

増大サプリで包茎治療

管理人プロフィール

つるりん

漫画でわかる!包茎治療。

ホーム>切らないで治す方法

包茎手術以外で、包茎を治す方法ってあるの?

「手術をしないで治すには?」
「自分で剥ぐことはできないだろうか?」

私は、ABCクリニックで治療をする前、切る方法以外で、包茎を直す方法を模索しました。
いくつかの矯正グッズや増大サプリを試しました。
でも、真性包茎だったため、できませんでした。

ただ、仮性包茎なら、切らずに治せる可能性はあるのではないか?

そんな想いから、このページでは、切らずに治る可能性がある方法を紹介したいと思います。

泌尿器科でステロイド軟膏をもらって自分で剥く!

仮性は、定期的に剥く習慣をつけることで、徐々に改善を見込むことができます。
泌尿器科を受診すると、ステロイド軟膏を処方されることがあります。
ステロイドを包皮の先端に塗ることで、包皮口が柔らかくなり、包皮が剥けやすくなります。

とくに思春期など成長期は、陰茎が成長し包皮も柔らかく順応しやすく包茎を脱するチャンスです。
ただし、成人してからは陰茎の成長も止まっていますし、包皮の順応性も落ちているので、剥く習慣だけでは時間がかかりすぎる、あるいは反応がないこともあります。

カントン包茎に注意!

真性包茎の場合、包皮の先端の包皮口が狭すぎてどうやっても亀頭を超えません。
ステロイド軟膏では限界がある場合は、手術するしか方法はないでしょう。

また無理に剥くと、包皮口が亀頭の上に戻らなくなり、亀頭に血流がいかなくなります。
この状態を陥頓(かんとん)包茎といいます。

かんとん包茎では、まずは亀頭がむくんでぱんぱんになり、ひどい場合は亀頭が壊死してしまいます。
剥いた後、包皮が戻らなくなってしまった場合は、早めに専門クリニックや泌尿器科を受診しましょう。

矯正器具の効果

包茎を矯正する道具は何種類もあります。
真性包茎向けに、ピンセットのような形状のもので、一日数回包皮口を広げて大きくしていくものがあります。

また、仮性の人向けには、包皮を剥けた状態でキープする道具があります。
日常的に矯正していることで、軽度の仮性包茎ならば、恒久的な変化も期待できそうです。
また、日常的に矯正していれば、2、3日ほどは剥けている状態をキープできる、ということもあるようです。
2、3日キープできれば、旅行なども気兼ねなく行けますね。

仮性包茎の矯正器具にはさまざまな種類と大きさがあり、自分に合ったものを探す必要があります。
サイズが大きすぎると食い込んで痛みが出たり、小さすぎると知らないうちにズボンを通って落ちてしまったりすることもあるとか。
いろいろ試す必要がありそうですが、間違えた使い方で事故にならないように注意してください。

増大サプリ・精力剤で治せるのか?

仮性の人限定になると思いますが、増大サプリなどで包皮を剥く方法もあります。

ただし、増大サプリは、最低でも半年以上使わないと効果が出ないと言われています。
増大サプリで人気なのは、だいたい毎月1万円弱の価格のものが主流です。

私自身、リザべリン、シトルリンなど、増大サプリをいくつか試しましたが、真性包茎はどうにもならず。。
仮にうまくいった場合、専門クリニックで治療をするより安く済みますが、効果がなければ、ドブにお金を捨てるのと同じことになりかねません。
個人的には過度な期待はしないほうがいと思います。

美容形成テクニックで脱・包茎

針と糸はつかっても、包皮を切り取る必要のないテクニックもあるそうです。

女性が二重まぶたを作る美容整形手術のテクニックを応用して、包皮を亀頭から剥けた状態にキープする手術で、そのテクニックは美容クリニック独自のものが多いそうです。

時間をおけば元の状態に戻ってしまうことから、クリニックサイドから提案されることはありませんが、方法論としては、可能性があるそうです。

また、アイプチを使って自分で包茎を直そうとする強者もいるとか。

亀頭を大きくして脱・包茎

軽度の仮性の場合、亀頭を大きくすることで、包皮が亀頭に戻らなくなる、という効果が期待できます。
長い間、包皮を被った状態の亀頭は、剥けている期間が長い亀頭に比べて、小さいことが多い傾向があります。
せっかく包茎手術をしても、亀頭が小さいと見栄えも悪いため、亀頭増大をススめるクリニックもあります。

亀頭増大だけで剥けた状態を維持できるかは、包茎の程度と医師の判断によります。
亀頭を大きくするには、ヒアルロン酸等を注入します。
異物が亀頭に入ることにより、快感を得づらくなったり、亀頭に凹凸ができたりと、リスクが伴います。

まとめ

以上、色々な方法を紹介しました。

気を付けなければいけないことは、間違えたやり方をすると怪我をする恐れがあることです。
医療機関での治療ではないため、最悪、包皮を傷つける事態も想定できます。
切る方法以外で治したい方は、慎重な姿勢で試すことをおススメします。

「自分で治せたらどんなに楽か」と思いますが、無理をしないことを最優先にしてください。

戻る