包茎手術 愛知県 口コミ 評判

包茎手術 名古屋

管理人が手術したABCクリニック

包茎クリニック体験談

包茎手術ランキング

体験してわかったこと。

治療にあたって

包茎について

都道府県別・地域紹介

その他・包茎クリニック口コミ

増大サプリで包茎治療

管理人プロフィール

つるりん

漫画でわかる!包茎治療。

ホーム>治療できない人

包茎治療を受けられない人っているの?

包茎手術は、包皮を切り取るだけの簡単な手術ですので、治療自体を受けられない人はいません。
ただし、その手術をすることによって望む効果が得られない人や、手術をするにあたって、他の人よりも注意が必要な人はいます。

また、持病などの理由によって、クリニックによっては断られてしまうことも考えられます。

たとえば、陰茎が短すぎて「皮を切っても陰茎が出てこない人」は、治療効果が得られません。

本来の陰茎の長さよりも、見た目の長さ、身体の表面に出ている長さが短い人がいます。
そういうタイプの人は、陰茎を引き出して固定したり、陰茎周囲の皮下脂肪を調整したりする処置を追加で行うことで、陰茎が剥けた状態を作ることができます。

また、糖尿病や脳梗塞、心臓病など基礎疾患がある人は、事前にクリニックに伝える必要があります。
包茎手術を行う美容クリニックは、美容形成に特化した専門クリニックのため、糖尿病や脳梗塞など、全身状態を大きく左右する病気を持っている場合、断られてしまうことがあります。

「どうしても包茎手術がしたいから」と言って、もともと持っている病気や飲んでいる薬のことをしっかり伝えないまま、手術をしてしまうと、出血が止まらなくなったり、傷口の管理がうまくいかなかったり、結局は手術をした自分自身にデメリットとして返ってきてしまいます。

受診の際には正直に、自分の病気と内服している薬に関して伝え、その病気も含めて、責任を持って包茎手術を行ってくれるクリニックを探すことが必要です。

包茎手術を決めたとき、もともともっている病気がある場合は、事前に「その病気があっても手術をしてもらえるか」を、クリニックに電話で相談してみるといいでしょう。
また、もともともっている病気に関して受診している医師にも、包茎手術を受けてもいいかを確認しましょう。

抗凝固薬などを飲んでいる場合は、クリニックによってはそれを中止してもいいか、かかりつけ医に確認するよう求められることもあります。
確認するのはわずらわしいようにも感じますが、抗凝固役は個々の症状により、扱いが大変難しい薬です。

逆に、指示医の許可なく内服薬を中止するように求めるクリニックは、合併症を正しく理解していない可能性がありますので、注意するようにしてください。

包茎手術
包茎治療院のおススメはこちら

戻る