子供の包茎

包茎手術

管理人が手術したABCクリニック

包茎クリニック体験談

包茎手術ランキング

体験してわかったこと。

治療にあたって

包茎について

都道府県別・地域紹介

その他・包茎クリニック口コミ

増大サプリで包茎治療

管理人プロフィール

つるりん

漫画でわかる!包茎治療。

ホーム>子供の包茎

子供の包茎

子供の包茎

こどものペニスを見て、将来を心配していませんか?

海外では、こどものうちに、余分な包皮を切ってしまう文化もあり、その文化を知っている親御さんは、こどもが大きくなる前に、対処したほうがいいのではと考えていると思います。

日本の文化では、幼いうちに子供の包茎を治療する文化はありませんので、何が子供にとって一番いいのかと悩む親御さんも増えてきているようです。

特に、何らかの理由で離婚をして、ひとり親で育てているお母さんは、どうしたらいいのかわからず、だれにも相談できずにいるようです。

「●歳までにむかないとダメ!」という正解はありませんが、このページでは、子供のペニスについて取り上げたいと思います。

ペニスの成長過程

ペニスはおおよそ、10歳以降(小学校高学年)に変化が起こり、陰毛もこの時期に生えてきます。
そして、このころから、いわゆる朝立ちや初めての射精を経験してき、亀頭と包皮の癒着が徐々にはがれていきます。

ですので、小学生の高学年から中学校の卒業までの間に、皮がむける経験をしている子供が多いようです。
もちろん、高校生になってから皮をむいたという話も聞きますので、個人差は当然ながらありますが、16歳までに包皮をむく経験をしておきたいところです。

子供を包茎にしないために

小さいうちは、みんな、ペニスに皮がかぶっています。
そのため、ペニスは、皮がかぶっているものと、子供は思っています。

父親のいる子供なら、お父さんと一緒にお風呂に入ることで、成人男性のペニスをみることができるので、きちんと教えなくても、大人になったら皮はむけるものだと自然に学習します。

父親のいないご家族では、お母さんが

「お風呂場で、恥垢(ちこう)がたまって不潔にならないように定期的に洗うこと」

を教えておくといいでしょう。

16歳以上になっても、むけてない息子を発見したら

16歳以上になると、子供は自分のペニスを親に見せないものですが、もしも、子供がある程度の年齢になり皮がむけてないことに気が付いたら、適切な処置をするのは親の務めです。

未成年は、親の承諾がないと治療を受けられません。
親が承諾することで、専門クリニックで治療ができます。
学割がありますので、成人してから治療するより安い値段でコンプレックスを解消できます。

子供がひとりで悩んだ結果、親に相談して手術を受けるケースは、ほとんどありません。
余分な包皮を切らないまま、成人を迎えるケースが大半です。

子供が長い間、下半身の問題で悩み続けないように、適切なタイミングで親がサポートしてあげるといいと思います。

戻る